新郎新婦

結婚式場はシッカリと厳選しましょう|輝く式場大発見

友人で新郎新婦を祝う

パーティー

気楽なお祝いの会

結婚式のような形式ばったものではなく、気さくな仲間たちと新郎新婦を祝う二次会は定番になっています。幹事の役割はとても重要です。まずは幹事は何を行うかを決めておきます。二次会の準備に必要なのは、会場探し、出欠確認、当日の進行などです。準備期間は4か月ほどかかりますので、早めに取り掛かるようにします。幹事は新郎側の友人と新婦側の友人がそれぞれ1〜2人依頼することが多いです。会場は貸し切りに出来るレストランが主流です。他には結婚式場のバンケットルームやカラオケボックスのパーティルームなどです。当日の演出なども考えて選ぶと良いでしょう。出欠確認はあまり形式ばらなくても良いでしょう。電話やメールでも良いです。結婚式から参加するゲスト、二次会から参加するゲストもいます。漏れのないように新郎新婦と連絡を取って確認します。

当日の演出を決めます

幹事は結婚式の二次会当日の進行役も務めます。ただ食事をするだけでなく、演出も考えます。プロフィールビデオの上映、バンド演奏、カラオケ、ゲームなどです。ビンゴや新郎新婦にまつわるクイズなどはゲストが全員参加できますし、景品もあると楽しめるでしょう。友人だけなので気楽に盛り上がることも可能ですが、一部の友人だけにならないよう注意が必要です。結婚式のビデオを上映すると出席していなかったゲストも感動です。特に海外ウェディングの場合に喜ばれるでしょう。会場では演出によっては出来ないものもありますので、事前に確認しておきます。特にバンド演奏の場合は注意が必要です。食事の量が足りなかったり、美味しくないのでは興ざめです。幹事は下見をしておきます。